barontanの子連れでお出かけ&株主優待生活

お出かけ大好きママです。横浜を中心にお出かけ情報をアップしています。

株主優待☆ auから瀬戸内マーマレード & 白い牧場アイス

旦那名義のau株主優待が到着。


瀬戸内マーマレード

f:id:barontan:20180616111845j:plain


いつも、ガッツリ肉系か魚介系なのに、旦那にしては珍しい選択。


夏はマーマレードソーダ割も美味しい!に惹かれたんだとか。


確かに美味しそうだ。

旦那を待ちきれず、早速味見してみる。

f:id:barontan:20180616112635j:plain


みかんの果肉の食感もあって美味しい。


とろっとしたジャム(ペクチンを使ってないので)で、ヨーグルトやソーダ割りにも使えそうだ。


マーマレードソーダ割りを堪能してると、またしてもピンポーン!


同じくau株主優待の十勝 白い牧場アイスが到着。

こちらは娘名義。


f:id:barontan:20180616114044j:plain


ちなみに本日、娘も不在なので、私が味見しようと思う。

株主優待☆As-meエステールのジュエリー優待

As-meエステール から、株主優待のお知らせ。


今回もパールのネックレスにしようかな。


f:id:barontan:20180616042056j:plain



株主優待★ハピネットからハグミン届く

娘と私で持っているハピネット株。


4歳にして、わんわんも、おかあさんといっしょも、卒業しつつある娘。


今は寝ても覚めてもプリキュア


ハピネットのプリハートを買ってもらい大喜びだったが、肝心のプリキュア アニメを見るときに用意してなくて、毎回ムスメはプリハート無しで変身している。


買った親としては、残念でならない…笑。


そんな娘に届いた株主優待

残念ながら、選べる一覧にプリキュア はなかったので、ハグミンにしてみた。

日本おもちゃ大賞2017受賞だそうで、ちょっと楽しみ。


そして本日届いたのがこちら。

f:id:barontan:20180609034009j:plain


早速見つけて興奮するムスメ。

マズイ。このまま渡すと、ハグミンの頭がもげることになりかねない。


説明書に書いてある、やったらダメよ事項を一緒に読み合わせて、お約束してから渡した。


サル語をしゃべったり、動いたりするハグミンに大喜びな娘。

f:id:barontan:20180609034622j:plain


なんと、ハグミンに息を吹きかけるとキスをしてくれるらしい。


横にするとスヤスヤ寝ると書いてあったが、意外にイビキのような音をたてて寝ており、笑えた。


夜も、ハグミンと一緒に寝る娘。


このハグミン。

こちらの音に反応して喋り出すので、さすがに寝るときは電源オフさせてもらった。


3歳児 映画館デビュー② ボス・ベイビー

先日、プリキュア で映画館デビューを果たしたムスメ。


よし。

こうなったら、もういっちょ行こう。


幼稚園の入園式が終わった後、ムスメの好物であるお寿司を食べに、海鮮三崎港へ。


マグロ三種盛り

f:id:barontan:20180501231638j:plain


大好物の鉄火巻をひたすら頬張る3歳児。

f:id:barontan:20180501231615j:plain


お祝いランチは吉野家株主優待券でお支払い。


今日の映画は、ボス・ベイビー👶

f:id:barontan:20180501232259j:plain


イオンシネマはイオン株主カードで、千円で見られる。

しかも、ポップコーンかドリンクが無料でいただける。


バケツいっぱいのポップコーン🍿


もはや、映画よりポップコーンが気になって仕方ないムスメ。


さっき、腹いっぱい鉄火巻を食べたはずだが…。



ボス・ベイビーはとても面白かった。


ついこの間まで赤ちゃんだったムスメも、大笑いしていた。


後半は、悪役ボス登場で『怖い〜』と泣きそうになったりもしたが、2回目の映画も最後まで見ることができた。


ムスメは最後まで、ポップコーンを堪能していた。


さすが、ボス・ベイビー

いや、ポップコーン🍿のお陰か?


3歳児 映画館デビュー① プリキュア

この冬、ムスメの世界が変わった。


プリキュア を知ったのだ。


できれば、そういうのは知らないまま成長して欲しかった。


が、情報のるつぼである保育園の威力の前に、親の抵抗は無力ではかない…


知ってしまったものは仕方ない。

こうなったら、一緒に楽しむしかない。


そんな中、春休み映画でプリキュア オールスターズが公開。


東映株主優待券を使って、ムスメと子連れ映画にデビューしてみた。


結論から言うと、わたしもムスメも最後まで楽しんで見れた。


一応、映画デビューにあたり、ムスメが迷惑をかけるといけないので、観客の少なそうな朝いちの上映回を選んだ。


春休みの土日で混む可能性もあり、株主優待券は事前予約ができないから、朝イチなら確実に入れるかなという狙いもある。


あとは、ムスメとお約束をした。

・泣いたら外に出なければいけないこと

・大きい声を出したら他の人のめいわくになること


ムスメは大好きなプリキュアを食い入るように見ていた。

3歳児ならではの自由さで、家でTVを見るかのような大声で質問するなどはあったが、最後までハプニングなく見ることができた。


上映が終わると司会のお姉さんが出てきた。

なんと、キュア エールが来てくれるというのだ。


f:id:barontan:20180430093832j:plain


全身着ぐるみのため、少々大きく太いのはご愛嬌だ。


キュアエールがちびっ子達にクイズをだす。


キュアエールの変身グッズは?

①プリハート?   ②ブリ大根?



大人には驚愕の選択肢だが、ムスメは夢中で、プリハート!!と叫んでいる。


ちなみに、回答者に選ばれてから答えるのだが、3歳児にはそんなルールは通用しない。


ムスメは前日にファミレスのレジ横にあるおもちゃコーナーで、プリハートを買ってもらったこともあり、テンションMAXである。

もはや、誰もムスメを止めることはできないだろう。



その後、キュアエールが会場を回ってちびっ子達と握手をしてくれた。

f:id:barontan:20180430094553j:plain


あれ、中に人が入ってるんだよねー

と冷めたことをいう夢のない3歳児だが、映画は相当楽しかったようで、秋にやるプリキュア 映画にも行こうね!と念を押されてしまった。



お昼はワールドポーターズの銀だこで、ホットランド株主優待券でたこ焼きを食べ、ふるさと納税サーティワンギフト券で、デザートのアイスを食べた。


f:id:barontan:20180430095118j:plain



映画館デビュー、楽しかった。

また行こうと思う。


追記。

ワールドポーターズのファンシーショップでねだられて、三つ編みウィッグ購入。


f:id:barontan:20180501225733j:plain


『アナ雪のアナ!』らしい。


ムスメよ。

見に行ったのはアナ雪ではなく、プリキュアだ。

2月権利取得銘柄

現物

DDホールディングス

ヨンドシー

ダイユーリック

ゼットン 

AFC- HD

クリエイトレストランツ

サマンサタバサ

コメダホールディングス


クロス取引

ビックカメラ

ウェルシア

イオンモール

イオンディライト

アークス


計15銘柄



ヨンドシーは今回の暴落で塩漬け。権利落ちで更にヒドイことになりそう。


サマンサタバサは優待セール目当てで買ったものの、セールは最初の1回しか行ってない。

優待セールは正直、ジュエリーくらいしか惹かれるものはなかった。

売ってしまいたいがこちらも絶賛含み損中。



少しずつ現金比率を高めていきたいので、本当に持っていたい銘柄以外は、損だしも検討しようと思う。



品川やきいもテラス2018

私は常々、子供には原体験をさせてあげたいと思ってる。


私が子供の頃、私の母は時々庭で落ち葉焚きをしていた。

いわゆる、たき火ね。


そこにアルミホイルでくるんだサツマイモを入れ、焼き芋を作ってくれた。ごくたまにだけれど。


でも、横浜で生まれたうちの娘はたき火も知らないし、スーパーで買う焼き芋しか知らないし、たき火なんて見たこともない。


ちなみに、横浜生まれ、横浜育ちの我が夫もたき火をしたことはないらしい。


たき火だ、たき火だ、落ち葉たき〜♬

の歌詞の意味を娘は知らないのだ。


かくなる上は、焼き芋の本当の作り方を見せてあげたい。


そんな時、ネットの記事に私の目が釘付けになった。


品川シーズンテラスで焼き芋フェスタが開催!


その名も、品川やきいもテラス2018。


品川シーズンテラスといえば、逃げ恥のロケにも使われた広い芝生広場がある。


きっと落ち葉たきをして、焼き芋を作るに違いない。


ぜひとも、娘に見せてあげたい。体験させあげたい。

そして、娘も焼き芋が大好だ。

きっと喜ぶとに違いない。


前日にネットで色々ググってみたが、焚き火の情報はない。


焼き芋の出店リストや、足湯の情報ばかりが目につく。


考えてみれば、ずっと落ち葉たきをするのもたいへんだろうから、1日3回とか時間限定なのかもしれない。


そうすると、落ち葉たきでできた焼き芋は争奪戦だ。

食べれなくても仕方ない。

作っている様子や落ち葉たきを見られればそれでよいのだ。


焼き芋は焼き芋専門店で食べるとしよう。


そして当日。


品川シーズンテラスは、焼き芋フェスタに来た人たちで大にぎわいだった。


お店に並ぶ長蛇の列。


そして、落ち葉たきは・・・なかった。

そもそも、そんなイベントはなかったのだ。


考えてみれば、都心のオフィスビルで落ち葉たきなんか許されるはずがなかった。


気を取り直して、純粋に美味しい焼き芋をいただこう。

それでいい。ムスメは焼き芋が大好きだ。


どのお店も美味しそうだが、いまいち判断材料に欠ける。

お店ごとの違いがわからない。


焼き芋ブリュレに惹かれて、溶岩焼き芋のSEAEDに並んでみた。

f:id:barontan:20180204023756j:plain


が、3歳児は並ぶことにすぐ飽きてしまい、夫だけが並ぶことに。

夫を連れてきた甲斐があった。


その間に、私とムスメは、甘平という高級みかんの試食や、佐賀県の甘酒の試飲を楽しんだ。

甘酒はノンアルコールで優しい甘さなので、3歳児もグビグビ飲んでいた。

佐賀県ゆるキャラのシールまでいただいてしまった。


そこそこ堪能して行列に戻ると、旦那がお会計の番に。


安納芋はすぐもらえたが、焼き芋ブリュレをもらう列に並び直すらしい。


3歳児が歩きながら焼き芋を食べるには無理があるので、またしても夫だけ並ぶことに。

ホントに夫を連れてきた甲斐があった。


私とムスメは念願の焼き芋タイム。

f:id:barontan:20180204022854j:plain


密色の焼き芋が神々しくさえ見える。

びっくりするほど濃厚な甘さ。


ムシャぶりつく3歳児。

f:id:barontan:20180204023051j:plain


その後、焼き芋ブリュレとも合流し(間違えた!夫だった)、我々は焼き芋ブリュレも堪能した。


落ち葉たきは経験できなかったけれど、焼き芋専門店の焼き芋は、本当に美味しいと知った焼き芋フェスタだった。


最後に。

焼き芋食べるならウェットティッシュは必需品。

あと、並んでくれる優しい夫も。